Yamaha FSX875 改造

Yamaha FGカッタウェイ改造

Yamaha FSX875c改造

Yamaha FSX875 Yamaha と島村楽器のコラボ製品、FSX875は小ぶりで珍しいFGのカッタウェイ版でショートスケール、ローズのオール単板。 ただ買ってから気が付いたのは、指の太い自分がフィンガースタイルで弾くとどうも指が窮屈。買う前の試奏は大事なのだ!!^^;
測ってみたらFSXはサウンドホール真ん中あたりで1~6弦の幅が約45㎜、マーティンは約50㎜なので5㎜も狭い。 そこでテールピースで改造することを思いついてしまった。
そうすれば、ガイドで弦の幅が変えられる(^^)b    

さっそくテールピースをアマゾンでポチっと!

YAMAHA FSX875C改造 テールピース購入取付 アマゾンでテールピースを購入。中国製で1200円程だけど作りもしっかり、ゴールドメッキが奇麗で問題はなさそう。

これをエンドピンの上に3つのビスで固定。    

本紫檀(ホンシタン)を購入

YAMAHA FSX875C改造 本紫檀を購入 三大唐木の一つ、本紫檀(ホンシタン)をジョイフル本田で入手。
楽器の部品に良く使われるが、かなり堅い木で加工は結構大変!
ずれないように、ガイドの両端に1㎜位の穴を開け、イモネジ固定。    

ガイドの溝を掘る

YAMAHA FSX875C改造 ナットゲージとファイル 前後しますが、ガイドの溝を掘るためにナットスペースゲージというものを使用します。6本の弦は太さが異なるので、等間隔に溝を掘ってしまうと、6弦側の弦同士の間隔は狭く、1弦側は広くなってしまうため補正した間隔のゲージを使います。

掘る溝の幅も弦の太さに合わせて右のナットファイルで切り込みます。
この二つはギター製作の必需品です。

ガイド装着

YAMAHA FSX875C改造 ガイド装着 イモネジを付けたり、ガイドの底面をブリッジの曲線に合わせて削ったりと細かい作業をして装着しました。 まずまずの出来です。

このギターは小ぶりなので、ドレッドみたいにガツンとは鳴りませんが、高音の伸びがありなかなか良い音です。内蔵されているヤマハのプリアンプも気に入っています。
ヤマハは本当にお値段以上のギターを作るいいメーカーだと思います。

完成の図

YAMAHA FSX875C改造 完成 テールピースによって弦の張力も多少弱くなった気がします。トップ版の膨らみも気にしないで弦は張ったままでもOKかな、とテールピースのメリットは大きいと思います。