Martin ooo-28製作記録

Martin ooo-28Kit 製作記録

ooo-28が到着

ooo28kit 今回もMartin社に発注してから約2~3週間でooo-28のキットが到着。

        

ばっちり梱包

ooo28kit 今回もばっちり梱包で、ゴミ袋大に2つ分はある緩衝材。    

内容物の点検

ooo28kit 不足品は無さそうだ。ヘリンボーンは別途国内調達。    

トップパネル

ooo28kit シトカスプルース単板のトップパネルにはブレーシングのマーキングがしっかり。    

トップパネル複製

ooo28kit あとあと便利なので、トップパネルはベニヤ版に複製しておくのだ。    

バックパネル

ooo28kit 早速バックパネル左右を接着し、ブレーシングを貼る。    

型枠

ooo28kit 型枠を製作する。2枚の板で作成。コンクリートの型枠用の一番安い材を使ったのでトゲが刺さって2回ほど病院で抜いてもらった^^; また作るとしたらもう少しいい材料を使いたい。    

サイドパネル

ooo28kit サイドパネルを型枠に嵌めてみる、ぴったり^^    

フロント、リアブロック

ooo28kit フロントとリアのブロックを接着。    

治具を作る

ooo28kit 型枠を作った時の中板にL金具を付けて治具を作ったら作業がめちゃ楽だ!    

バックパネル張り付け

ooo28kit まずはバックパネルを張り付けた。    

バックパネル張り付け後

ooo28kit D-28キットに続く2本目なので作業はすいすいススム。ブレーシングがライナーに差し込むように入っている。    

アバロン貝

ooo28kit トップパネルにブレーシングを貼る前に表面ロゼッタ溝にアバロン貝をはめる。大和マーク(DoMo online shop)で購入。    

トップパネル準備

ooo28kit ブレーシングを接着。この後スキャロップを入れる。    

で、トップ版も難なく接着。トップ版裏のブレーシングが突き出ている。

ooo28kit    

接着後の中

ooo28kit スキャロップも入って内部はこんな感じです。    

バインディング

ooo28kit バインディングを接着するための溝をトリマーを使って掘ります。表はキットに付いてきたプラスティックのものに加えて、内側にヘリンボーン模様の寄せ木細工をはめ込むので、溝は2段にします。    

続く

ooo28kit